紫根エキスのBG抽出が完了!チンキとワセリンで軟膏を作った

よくお世話になっている化粧品原料のお店にカフェドサボンというお店があるのですが、そこでこの前、紫根エキス抽出キットを買いました。

これを買うと、精製水を用意するだけで紫根エキスが抽出できるというセット商品です。

こちらを10月4日にセットしまして、22日後の26日に完成しましたので、濾して保存容器へ移すことにしました(セット時の様子をまとめた記事はこちら)。

あと、母の話なんですが、指の皮がどんどん剥けてしまうという症状が出ているので、紫根軟膏を手作りすることにしました。

時短

シコンチンキを濾して遮光瓶へ入れ保存

さて、紫根を抽出液に浸けてから22日が経ちました。キットの説明書では2週間でいいと書かれていましたが、3週間ほど漬けこんだ方がよくエキスが出ると聞いたので、3週間ちょっと待ちました。

ハーブのチンキは遮光瓶へ入れて、冷蔵庫で半年ほど保存できるということなので、遮光瓶へ入れ買えます。

ドロッパー付きの瓶だと、1滴ずつ出せるので便利です。

キットに紫色のオーガンジーポーチが付いているので、そのポーチをビーカーへセットして濾すことにします。

↑こんな感じで濾します。

もはや色は紫というよりかは真っ黒に近いくらいの濃さになってますね。かなりエキスも出ていると思われます。

この濃い液のまま服に飛ぶと色が付いちゃうので、注意しましょう。

遮光瓶へ入れて、冷蔵庫で保管します。マスキングテープなどを使って、何月何日と日付を書いておくと便利です。ついつい、いつごろ抽出したっけな?ってなるので。

半年以内を目安に使いきって下さいね。

ワセリンと混ぜて軟膏を手作りするよ

↑出来上がりの色はこんな感じです。80mlほど取れました。20mlどこいったんだろう?

さっきも言いましたが、母の指の皮が剥けてます。剥け続けてるんです。皮膚科へ行ってステロイド軟膏を貰うも、治らないまま半年が経ちました。医師の話では「何かにかぶれてますね」とのこと。

それにしてもステロイドが全く効かないので、今回シコン軟膏を作ることにしました。

紫根チンキ:白色ワセリン=1:2

この割合で、湯煎しつつ混ぜまくれば完成です。なかなか混ざらないので、根気が必要です。

カプチーノクリーマーを使えばすぐ混ざるかも?とも考えたんですが、ワセリンってめっちゃベタベタするじゃないですか。クリーマーがベタベタになりそうで嫌だったので、今回は使いませんでした。

湯煎しつつエキスとワセリンを混ぜますが、まぁ、混ざる気配なし!もう10分以上はかき混ぜてますが、分離したままです。ほんの少しだけ混ざった部分もあるかな?

あんまりにも混ざらないので、白色ワセリンの量をちょっと増やしました。

エキスを増やしすぎると分離しますが、ワセリンが多い分には問題ないです。

冷ましつつかき混ぜ続けてやっと混ざった

湯煎から外して、冷ましつつ必死でかき混ぜること8分。混ざりましたー!

完全なる混ざりではないですが、心が折れたのでこれでOKとします。本当はもっと完全に一体化するまでかき混ぜたいんですけどね。もう20分ほどかき混ぜてるので終了とします。

容器へ詰めて完成です。

ワセリンだけあってベッタベタになりますので、使うのは寝る前がいいかなと思います。

あと、手や足であれば紫根軟膏を塗ってからラップを20分ほど巻いておくと、保湿できていい感じに潤うらしいです。指に塗りたくって手袋でもいいですね。

使い始めて1ヶ月経った指の調子は?

以前作っていた軟膏を含めると、もう1ヶ月近く、母の指に毎日塗り続けていることになります。

効果はというと、少なくともステロイド軟膏よりは効いているようです。皮向けの頻度が減りました。前は毎日ボロボロと皮膚が剥がれており、ひび割れてジュクジュクしていましたが、今は表面が普通に皮膚です。

とはいえ何度も何度も剥けているので、かなり薄い皮膚ではありますが…ひび割れて、その間からジュクジュクした液が出るという症状は治まりました。

「薬(ステロイド)なんて使うな」とか、「こういう自然のものの方がいいんだ」とか、そういうことを言うつもりはありません。

色々試してみて、自分の体に合うものが見つかればいいなと。手作りだと、あれこれ作れて自分の体に合わせやすいので、その点は気に入ってます。

ちなみにこの軟膏を使ってもらうまでに試したのは、「カカオバター100%」「カレンデュラのインフューズドオイル(ホホバオイルに漬け込み)」です。これらでは保湿が足りなかったようですね。

ワセリンはベタつきますが保湿力というかフタをする力はかなり強いので、あと1ヶ月ほどこの紫根軟膏を使い続けて様子を見てもらおうと思います。

ワセリンは拭き取ってから洗うべし!

ワセリンを混ぜるのに使ったビーカーや撹拌用の棒やスプーンについてですが、うっかりそのまま洗ってえらいことになりました。

石鹸じゃ落ちないので食器用洗剤で洗ったんですが、スポンジから手から、何から何までベトベトになったんです。

なので、まずはティッシュで拭きとって下さい。可能な限り、きれいに拭き取ります。

その後、食器用洗剤と柔らかいスポンジで洗いましょう。そうすれば、水道とか洗面所までベタベタにならずに済みますし、スポンジもネチョネチョになりません。

無添加の石鹸では全然落ちなかったので、食器用洗剤がいいかなと思います。しっかり濯いで乾かしましょう。