カレンデュラとホホバオイルで浸出油(インフューズドオイル)を作った

マリーゴールド(カレンデュラ)というハーブの乾燥させたものを購入してまして、それでインフューズドオイルを作りました。

インフューズドオイルというのは浸出油とも呼ぶのですが、ハーブをオイルに漬け込むことで、油に溶け込むハーブの有効成分を抽出しようというものです。

ハーブには水に溶ける成分、油に溶ける成分どちらもありますが、浸出油の場合は油に溶ける成分だけが抽出できます。

漬けこむハーブですが、生のままだと水分が出てしまうので、庭に生えているハーブを使う場合でも乾燥させてからオイルへ漬け込んだ方がいいです。

時短

未精製のホホバオイルで1ヶ月間漬け込む

漬け込むオイルは何でもいいんですが、酸化しやすい(=長持ちしない)オイルだと、抽出後に長持ちしません。私は今回、未精製ホホバオイルを使用しました。

ホホバオイルは酸化しにくいので保存期間が長く、温めたり冷やしたりしても性質が変わらないのです。

販売店も多くてに入りやすいですし、扱いやすいオイルで重宝しています。そのままスキンケアにも使えますよ。

↑こんな感じで、ハーブ全部がオイルに浸かるようにしましょう。

カレンデュラはフワフワと軽いのに量が多いので、カレンデュラ5gに対してホホバオイルは65mlほど使いました。

密封して、冷暗所へ保管します。

暖かい場所へ保管した方が、成分が溶けだすのが早まります。でも日光が当たるとオイルが酸化するので、今回は冷暗所にて保管しました。暖かい場所で保管する場合は、必ず遮光瓶に入れるなどして光が当たらないようにしてください

今回使ったのがWECKというメーカーのミニモールドシェイプというやつです。

このシリーズはそのままじゃ密封できないので、別途ゴムパッキンとステンレスクリップが必要です。

ステンレスクリップでパチッと挟み込むと、密封できます。

今回はオイルの量がギリギリだったので、オイルからハーブが出てしまって乾燥するのを防ぐため、サランラップをかぶせています。なお、オイルに当たる面は、サランラップも消毒用エタノールで消毒してます。

冷暗所で1ヶ月保管します。

1か月後、濾したら出来上がり&保存期間について

1ヶ月経ちました~!放置してたらあっという間だった。

これを濾したら浸出油の出来上がりなんですが、今回は「紫根エキス抽出キット」についてきたオーガンジーポーチで濾すことにします。

↑紫色の布がオーガンジーです。ポーチ状になってるので使い勝手がよく、何度も洗って使えます。ただ細かい粉はそのまま出てきちゃいますね。気になる方はコーヒーフィルターなどを使ってみて下さい。

なお、ハーブの細かい粉が入ったままスキンケアとして使ってますが、超敏感肌の私でも問題なく使えております。

なのでたぶん問題はないかと。

香りは…牧草って感じでしょうか。でもちょっと花の香りもある…ドライのカレンデュラのまんまの香りですね。

保存期間ですが、今回は保存期間が長いホホバオイルに漬け込んでますので、半年くらいだったら使えます。でもできるだけ3ヶ月以内に使いきった方が無難かなぁ。早め早めで使い切りたいですね。無添加ですし。

保存の場所ですが、冷暗所へ保管してくださいね。私は冷蔵庫へ入れてます。

ホホバオイルは冷蔵庫で凍ってしまいますが、室温ですぐ溶けます。

カレンデュラの有効成分や特徴など

今回、なぜカレンデュラの浸出油を作ったかというと…傷を治すのを早くしてくれる瘢痕(はんこん)形成作用っていうのに期待したからです。

カレンデュラの有効成分として『カロテノイド、タラキサステロール、フラボノイド』などがあるんですが、昔から肌や粘膜の保護・修復のために使われてきたハーブなんです。是非とも皮膚を秀句付して欲しくて今回、こうやって手間をかけて作りました。

漬け込むのが面倒なら、通販で買いましょう(*´▽`*)


今の肌の調子なんですが…、冬を迎えて肌の乾燥が酷くなってます。

ステロイド軟膏も最近はほとんど使っていなくて、何とか頑張って色々と自分で手作りしてスキンケアしてますが、それでもやはり乾燥が酷いです。

特に目の周り・こめかみ~顎にかけての髪の毛の生え際当たりの皮剥けが酷いですね。赤くなるし、痒いけどピリピリ痛みます。なんとか良くならんかな?と思って今回、1か月かけて浸出油を作ったのでした。

ちなみにキク科アレルギーの方はカレンデュラオイルは使えません。お気を付けくださいね。

化粧水の後にシアバターと混ぜて使ってみた

↑絞った後のカレンデュラインフューズドオイルの色です。けっこう濃いオレンジ色ですが、未精製のホホバオイル自体も最初からオレンジ色をしていたので、どれくらい色が出たかが分からず…

透明のオイルに漬け込んだら、どれくらい色が出たか分かりやすいでしょうね。1回やってみたいです。

乾燥の激しい時期にホホバオイルだけじゃ保湿が足りないので、シアバターと混ぜて使うことにしました。

シアバターを溶かした状態で2ml計り、そこへ今回作ったカレンデュラオイルを10ml入れます。湯煎で温めつつよくかき混ぜたら完成です。

冷蔵庫保管なので固まりますが、室温ですぐに溶けます。

シアバターの割合が少なかったんで、ちょっと柔らかすぎました。すぐにオイル状に戻りますね。塗りやすいと言えば、塗りやすいですが。

髪の毛に塗るのには丁度いいんですが…顔に使うにはもうちょい硬めの方が使いやすいかな。かなり小さめの10mlボトルへ入れて使った方が、使いやすいかも。

夏にはいいけど冬用としては保湿感が足りなかったので、次は蜜ろうバームを作ってみようと思います。