リン酸アスコルビルMgとは?成分の特徴と手作り化粧水のレシピ

シミ対策に『リン酸アスコルビルMg(マグネシウム)』を買って、手作り化粧水を作りました。

リン酸アスコルビルMgというのは、水溶性のビタミンC誘導体のことです。

私が買ったものはパウダータイプのもので、水にも溶けやすいです。

ビタミンC誘導体と言っても何種類もあるのですが、そのなかでもリン酸アスコルビルMgにはどんな特徴があるのかということと、手作り化粧水のレシピをいくつか紹介していきたいと思います。

時短

リン酸アスコルビルMgの特徴とは

リン酸アスコルビルマグネシウムの粉

リン酸アスコルビルMgですが、一般的には「ビタミンC誘導体」と呼ばれています。

医薬部外品として使われるときには、「リン酸L-アスコルビルマグネシウム」と表記されます。

特徴は、『即効性がある』『イオン導入に適している』『水分や空気に弱い』『さっぱりした使い心地になる』などですね。

水溶性のビタミンC誘導体の中では、APPS(アプレシエ)に次いで効果が高いといわれています。

イオン導入に適しているそうで、イオン導入に使う化粧水を手作りしたい場合は、このリン酸アスコルビルMgを使うといいですよ。

水分に弱い成分なので、水に溶かしたり、水分を含んだ空気に触れている状態だと変質しやすくなります。

水に溶かしたら、1週間ほどで使い切りたいですね。

手作り化粧水の作り方とレシピ

リン酸アスコルビルMgを使った手作り化粧水の作り方です。

とっても簡単で、精製水に混ぜるだけでOKです。

マンデイムーンさんでは、『フローラルウォーター・ベースウォーターまたは精製水50mlに0.1~1.5gの割合で混ぜる』と書かれていました。

私の化粧水レシピも、これを参考にしています。

(マンデイムーンは手作り化粧品の材料を売っているお店です)

…とはいえ、それだけだと保湿力がありません。

基本的には『精製水もしくはフローラルウォーター+保湿成分+リン酸アスコルビルMg』といった材料で手作り化粧水を作ります。

私が今回作ったレシピは、以下の通りです。

・精製水・・・100ml
・リン酸アスコルビルMg・・・1,5g
・ローヤルゼリー原末・・・1g
・低分子加水分解コラーゲン原末・・・1,5g

コラーゲンが保湿用に入れているものです。

ローヤルゼリーはコラーゲン・レシチン・タンパク質・ビタミンなど色んな成分を含んでいるので、美容成分として入れています。保湿にもなります。

これらの代わりに「植物性グリセリン5ml」でもOKです。

作り方は簡単で、消毒した容器に材料を全て入れて、振り混ぜるだけです。

すぐ作れますよ。

レシピやアレンジを色々紹介

リン酸アスコルビルMg

参考に、リン酸アスコルビルMgを使った手作り化粧水のレシピをいくつか載せておきますね。

・フローラルウォーター(芳香蒸留水)・・・100ml
・リン酸アスコルビルMg・・・0,5~3g

芳香蒸留水は、例えば「ローズウォーター」や「ネロリウォータ」など、色んなハーブや花の蒸留水がありますので、いろいろ試してみてください。

芳香蒸留水はそのままで化粧水として使えるので、保湿成分は入れなくても構いませんが、保湿感が足りない場合はグリセリンなどを入れてください。

・精製水・・・100ml
・グリセリン・・・3~5ml
・リン酸アスコルビルMg・・・0,5~3g
・精製水・・・100ml
・トレハロースまたはベタイン・・・2~5g
・リン酸アスコルビルMg・・・0,5~3g

グリセリン、トレハロース、ベタインなどの保湿成分は、好みで量を加減してください。

グリセリンは入れすぎると逆に乾燥しますので、入れる量に注意です。

トレハロースとベタインは、入れすぎてもちょっとベタつくくらいで問題はないです。

リン酸アスコルビルMgを入れるとさっぱりしてしまうので、何度か肌に塗りつつ、使い心地のいい量に調節します。

リン酸アスコルビルMgを入れる量も、自分で調節可能ですので1~3gとしてあります。

出来上がった化粧水は冷蔵庫で保管し、効果が消える前に、1週間ほどで使い切ってください。

あと、分かりやすいようにレシピを100mlで書いていますが、1週間じゃとても使いきれないので、半量の50mlくらいで作ってみてください。

私が今回買ったパウダータイプの「リン酸アスコルビルMg」は、防腐剤などが一切入っていないので、イオン導入用化粧水に使うにしても安心して使えるかと思います。

高濃度だと乾燥する場合があるので注意

リン酸アスコルビルMg入りの手作り化粧水づくり

あまり入れすぎるとサッパリし過ぎますので、特に乾燥肌の方は入れる量に注意してください。ビタミンC誘導体は油溶性でも水溶性でも、サッパリ感が出ます。

初めて使う場合は、配合両を少な目にして作ってみた方がいいかと思います。

(MAXの配合量・・水分100mlに対してリン酸アスコルビルMg3グラム)

私は超乾燥肌なので、「水100mlに対してリン酸アスコルビルMgが1,5g」これ以上は入れられません。

どんな成分でもそうですが、顔全体に塗る前に、必ずパッチテストをしてくださいね。