ユキノシタエキスで美白化粧水を手作り!効果効能やレシピを紹介

ユキノシタエキス

市販の強い日焼け止めが塗れなかった私は、現在30代半ばなのですがシミが多いです。

手作り化粧品を使い始めてから、自然の植物が持つ成分にも注目し始めたのですが、そこで気になったのがユキノシタエキスです。

手作りの美白化粧水を作る時に使う方が多いと聞いたので、さっそく買ってみました。

ユキノシタというのは、本州・四国・中国・九州に生息する植物で、半日陰の岩場などに自生しています。「ユキワリソウ」や「イワブキ」と呼ばれることもあります。

この記事では、ユキノシタの効果や効能、化粧水の作り方とレシピについて詳しくまとめていきます。

時短

ユキノシタエキスの肌への効果、なぜ美白が期待できるか

ユキノシタエキスを手に出したところ

ユキノシタエキスには、抗炎症・抗菌作用、そして美白作用があります。

抗炎症と抗菌ということで、肌が荒れている時や、吹き出物が出ている時なんかに使うといいですね。

プロアントシアニジンという成分も含んでいるのですが、この成分は肌を酸化から守ってくれますので、年齢肌ケアにも適しているといえます。

美白にいいとよく言われるのは、アルブチンという成分を含んでいるからです。

シミができる工程は以下の通りです↓

肌に紫外線を浴びる
  ↓
色素細胞でチロシナーゼという酵素が活性化する
  ↓
メラニン生成を促進する

アルブチンは、この『チロシナーゼという酵素が活性化する』のを抑えてくれるんです。

日焼けをすればシミやソバカスが出てきますが、出てきにくくするということですね。

また、紫外線による色素沈着も抑えてくれますので、シミの原因を抑制するための攻めのケアにも使えますし、日焼け後の色素沈着を抑えるためのアフターケアとしても使うことができます。

手作り化粧水の作り方とレシピ

ユキノシタエキス1ml

それでは、ユキノシタエキスを使って、手作りの美白化粧水を作っていきましょう。

基本のレシピは以下の通りです↓

・精製水 50ml
・ユキノシタエキス 2.5ml

私は乾燥肌なので、さらに保湿感を出したいということと、栄養を多く含んでいるということで、ローヤルゼリーを追加して化粧水を作りました。

レシピはこちら↓

・精製水 50ml
・ユキノシタエキス 2.5ml
・ローヤルゼリー原末 1g

ローヤルゼリー原末の代わりにコラーゲンでもいいですし、ヒアルロン酸、トレハロース、ベタインなどでもOKです。

入れる量ですが、ヒアルロン酸原末だけは0.1gまでにして下さい。それ以外は同じく1gで構いません。でも0.5gくらいでもそこそこ潤いますので、お好みで調節してみて下さい。

手作りユキノシタエキスとローヤルゼリー化粧水

全ての材料を消毒済みの容器へ入れたら、振り混ぜて完成です。

ローヤルゼリーのお陰でかなりしっとり感が強い化粧水になりました。

刺激感が全くなく、使いやすいです。美白を実感ということはないんですが、有名なハーブエキスですし、しばらく使い続けてみたいと思います。

沈殿が生じる場合があるのでエキスの組み合わせに注意

ユキノシタエキスはタンニンという成分を含んでいますので、アルカロイドを含む植物エキスと混ぜた場合、沈殿物ができたり濁る場合があります。

ですので、植物エキスを何種類も混ぜ合わせる場合は、少量から試してみましょう。わりと沈殿しやすいので注意です。

苦参(くじん)は相性が悪いそうです。

沈殿物ができるということは、有効成分同士が反応しちゃっているので、沈殿するような組み合わせでの使用はやめた方がいいそうです。

ちなみに、キウイエキスと一緒に使ったところ、沈殿物が生じました。

ユキノシタエキスとキウイエキスで沈殿

↑ユキノシタエキス、キウイエキス、ローヤルゼリーでこうなりました。

キウイの成分にアルカロイドが含まれているという記述は、調べても分からなかったんですが…。相性が良くないのかもですね。キウイエキスも美白成分として一緒に使いたかったんですが、諦めます。。


よく一緒に使われる植物エキスは『ウワウルシ』『ソウハクヒ』『ヒース』などですね。

出来るだけ少ない組合せ(2種や3種くらい)までにとどめておくと、沈殿しちゃって勿体ないことにもならないのでいいと思います。

今回も購入先はマンデイムーンです。色んなエキスや芳香蒸留水、粉末状や液状の有効成分などが売ってますので、手作り化粧品の原料を通販したい方にはオススメですよ。

公式サイトはこちら⇒マンデイムーン