化粧水後のクリームとしてアサイーバター使ってみた。全成分と使い心地

珍しい美容バターを発見しまして、さっそくお試しサイズを買ってみました。

その名も『アサイーバター・オーガニック』です。

マンデイムーンでの購入です。(他の手作りコスメ店では見かけないので珍しいのかも?)

アサイーといえば健康フルーツとして有名ですよね。

見た目がブルーベリーみたいな果物で、ポリフェノールがブルーベリーの約18倍、鉄分がレバーの3倍もあるんだそうですよ。

アサイーバターの全成分。果実末と植物性油脂

アサイーバターオーガニック全成分

アサイーバター・オーガニックの全成分は、以下の通りです。

全成分:シア脂、パーム油、ホホバ油、アサイー果肉

「シアバター」「パームオイル」「ホホバオイル」と、アサイーの果肉を粉末状にしたものを混ぜ合わせて作られているようです。

中身を見てみると、確かに果実の粉末が入っているのが分かります↓

アサイーバター・オーガニック

シアバターだけだと硬いですが、パームオイルやホホバオイルも入っているので、夏の室温(28度)ではかなり柔らかいです。

レビューを読んでみると、冬場は固くなるそうです。

シアバターは低温だとカチカチだし、ホホバオイルも低温だと固まりますからね。その場合は低温でも液状のオイルを混ぜると使いやすくなります。

ホホバオイル以外のオイルはほとんど、冷蔵庫で冷やしても液状のままですよ。

どんな使い方ができるの?

アサイーバターとビタミンC誘導体のクリーム

アルミパウチで届いたので、まず小さい容器へ出します。(容器やヘラなどは必ず消毒しておきます)

このままクリーム代わりに顔に塗ることができます。美容オイルならぬ美容バターです。私は主に顔~首に使っています。

それ以外にも、全身に使うことができます。

体だけでなく髪にも使えますよ。顔に塗り終った後に髪につけるとちょうどいいです。

硬すぎる場合は、先ほども言いましたがオイルと混ぜるといいです。その手順は後ほど、写真付きで載せますね。

乳化剤を使えば手作りクリームや乳液にも使えますし、キャンデリラワックスなどを使えばリップクリームにもなります。掬って使う場合は、このままリップクリームとして使えます。

顔に薄く塗って、蒸しタオルで顔を覆えば、ホットタオルパックとしても使えます。

そのまま使った感想

アサイーバターを手に塗った

冷蔵庫から出してすぐは固いですが、今は夏なのですぐ柔らかくなります。

粒感はあんまり感じません。アサイーの粒が肌にこすれて痛いということはなかったです。

香りはそんなにしませんが、少し独特の香りがあるかな。冷えると全く香りは感じなくなります。

シアバターが入っているからなのか、かなり保湿感が高めのバターです。

私は超乾燥肌ですが、ほんの少量で保湿できました。これなら乾燥が激しい冬でもそのまま保湿クリームとして使えそうです。

油性肌さんにはあまり向かないかもしれません。乾燥肌さん向けですね。

塗り終わった後、果肉のツブツブは、大きい粒は手で取ってますが、小さい粒は気付くと消えてなくなってます。溶けてるんでしょうかね?不思議です。

アサイーバターとラズベリーオイルで朝用クリームに

アサイーバターとラズベリーオイル

アサイーバターに、レッドラズベリーシードオイルを混ぜてみました。

レッドラスベリーシードオイルは日焼け止めにも使えると聞いてから、夏になると毎年使っています。

レンジで温めずに、室温で柔らかくなったバターにオイルを混ぜます。

植物系の成分は高温に弱いものもあるので、できるだけ高温にしない方がいいかと思います。

最初は混ざりにくいですが、オイルを少量ずつ混ぜていくと上手く混ざります。

アサイーバターとレッドラズベリーシードオイルのクリーム

使い心地ですが、柔らかくて冷蔵庫から出したてでもすぐに指ですくえて、ササッと使いやすかったです。

ラズベリーオイルの独特な香りはしますが、しっかり保湿できますし塗り伸ばしやすくいい感じです。

ビタミンC誘導体(エスターC)で日焼けケアクリームに

アサイーバターとエスターC

夜の美白ケア用に、ビタミンC誘導体のエスターCを混ぜてみました。

エスターCは油溶性なのでオイルやバターに溶かせます。私はエスターCは量を計らず適当に入れて使っています。入れすぎても特に問題ないようなので…

気になる方はエスターCの配合量「0.5%-5%」を参考にしてみて下さい。

アサイーバターとビタミンC誘導体のクリーム

↑こんな感じで少し白っぽくなります。

ビタミンC誘導体を混ぜるとサッパリした使い心地になりますので、夏のクリームとしてもちょうどいい感じに使えます。

夜の美白ケアと書きましたが、ビタミンC誘導体には光毒性がないので、日中用のクリームとして朝のお手入れに使うこともできます。

その他のレシピ

アサイーバターを塗った手

アサイーバターをもうちょっとサッパリ使いたい場合は、グレープシードオイルを混ぜるのがオススメです。

ビタミンC誘導体でもサッパリ目になります。この場合は油溶性のビタミンC誘導体(エスターCもしくはVCIP)を使って下さい。

柔らかくしたいけど、しっとりさせたいという場合は、アルガンオイルを混ぜましょう。


その他にも、好みのバターと混ぜてもいいですし、好みのオイルと混ぜても構いません。

クリームや乳液などにしたい場合は、乳化剤を使って下さい。

リップクリーム(スティック状)にする場合は、ミツロウやキャンデリラワックスを使って下さい。ここに酸化鉄をごく少量混ぜれば口紅にもなりますよ。

まれにアサイー果実のツブツブが肌に痛いと感じる方もいるようなので、強くこすらないようにお気を付けください。

保管は冷蔵庫で、3ヶ月以内くらいで使い切って下さい。

お試しバターセットだとお得に5種類試せます

私が今回買ったのはマンデイムーンさんの『選べるバタートライアルセット』です。

5種類の美容バターを選んでお試しすることができて、お安いので、何度か購入しています。

アマゾンでの取り扱いが無いようなので、楽天市場の商品ページをのせておきますね↓

選べるバタートライアルセット7〜30g/5個

たまにセールでゆうパケット送料無料でやってますが、そうでない時でもゆうパケットで送料安めで送ってくれるので大助かりです。

クランベリーバターが売り切れちゃってて買えなかったので、今度また頼もうと思います。

夏場の配送だとバターが溶けて届きますが、すぐ冷蔵庫へ入れれば問題なく使えますよ。