ハンガリーウォーターの効果と混ぜるだけ簡単手作りキットを使った感想

フルフリ式化粧水ハンガリーウォーター

ハンガリーの王妃が使っていたという有名な化粧水『ハンガリーウォーター』を試してみようと思いまして。

いつもは手作りで化粧水を作っているもので、無添加のものが作りたかったんですが、ハーブを買って漬け込むとなると時間もかかるし、でもすぐ使いたいし……

…ということで、混ぜるだけで作れるキット「フルフリ式化粧水」を買ってみました。

届いた材料を混ぜ合わせるだけで無添加のハンガリーウォーターが作れるので、ハーブを何種類も揃えて、何週間もかけてエキスを抽出する手間もいりません!

この記事では、以下のことについてまとめていきます。

・ハンガリーウォーターの効果や効能、作り方、どんなハーブを使うか
・混ぜるだけの手作り化粧水キットを使った感想と全成分の詳細
・ハーブと抽出剤のセットの紹介

時短

ハンガリーウォーターの効果と作り方

ハンガリーウォーターはハンガリー王妃が使っていた化粧水です。王妃はこの化粧水を使ってお肌のケアをしており、72歳の時に20歳の王子様にプロポーズされたという話が残っています。

そんなこともあって、別名『若返りの水』とも呼ばれているんです。

ちなみに「ハンガリアンウォーター」と呼ばれることもあります。どちらも同じもののことです。

参考記事⇒ハンガリーウォーターの歴史(フルフリ公式ブログに飛びます)

作り方ですが、ローズマリーをはじめとした数種類のハーブを抽出剤に浸けて、ハーブの液を取り出します。

そのエキスを精製水で薄めれば、ハンガリーウォーターの完成です。

使うハーブには諸説ありまして、レシピは1つしかないという訳ではありません。ただ、ローズマリーがメインで使われていますので、ローズマリーは必ず必要です。

例として、以下のようなレシピがあります↓

ローズマリーの枝葉と花(もしかしたらタイムも)、強い蒸留酒。ラベンダー、ミント、セージ、マジョラム、コスタス(木香)、オレンジの花(ネロリ)、レモンなど
・ローズマリー 10g
・ペパーミント 10g
・ローズ、レモンピール、オレンジピールのどれか 5g
・ラベンダー 5g
・ローズマリー 10g
・ペパーミント 5g
・ネロリ(オレンジフラワー) 3g
・ローズレッド 3g

効果についてですが、収れん・抗炎症・抗酸化作用などが期待できます。

収れん作用とは肌を引き締める作用のことなので、シワやたるみ、毛穴開きにいいですね。

抗酸化作用ですが、肌は酸化することで老化していきますので、老化の原因を抑えることができるということになります。

抗炎症作用ですが、ローズマリーにはロスマリン酸という成分が含まれており、アレルギー反応を抑えるとされています。

フルフリ式化粧水なら混ぜるだけで完成!

ハンガリーウォーター手作りキット

「フルフリ式化粧水」は、ハーブの蒸留水・植物エキス・保湿剤がそれぞれ別の容器に入っています。

これら全てを混ぜ合わせるだけで、ハンガリーウォーターの完成です!

ハーブウォーターの入っている容器のふたを開けて、植物エキスを入れます。

全て入れて下さい。

フルフリ保湿成分しっとり

次に保湿成分を入れます。

今回はお試し価格で買ってみたものなので「しっとり」タイプしか選べなかったのですが、もしサッパリした化粧水を使いたい場合は、全て入れずに2/3ほど入れてみて下さい。

私は乾燥肌なので、全て入れましたがちょうど良かったです。

フルフリフリフラのハンガリーウォーター

フタをして振り混ぜれば出来上がりです!

フルフリ公式サイトでは、初回限定でお試しサイズが安く買えるキャンペーンがやってますよ。もちろん私も初回限定価格で買いました(*´▽`*)

キャンペーンページはこちら↓

フルフリ式化粧水トライアル

全成分とその詳細

フルフリ式化粧水 ハンガリーウォーターの全成分は以下の通りです↓

・ハーブ水(ハンガリーウォーター):ローズマリー水、ダイダイ花水(ネロリ水)、メリッサ水、ニオイテンジクアオイ水(ゼラニウム水)、ローズマリーエキス
・植物エキス(甘草芍薬エキス):水、BG、甘草エキス、芍薬エキス
・保湿液(しっとり): 水、グリセリン、ベタイン、BG、トレハロース

ベースとなるのが「ローズマリー」「ネロリ(ダイダイ)」「メリッサ」「ゼラニウム(ニオイテンジクアオイ)」の蒸留水に、ローズマリーエキスを加えたものです。

蒸留水にはハーブの有効成分が溶け込んでいます。

BGというのはブチレングリコールのことで、植物エキスの抽出剤でもあり、保湿剤でもあります。保湿剤なんだけど抗菌作用があるのが特徴です。

石油由来のBGもあるんですが、フルフリでは植物由来のBGが使われています。

グリセリンは有名ですが、保湿成分ですね。手作り化粧水の保湿剤としては一番有名といっても過言ではないです。

ベタインは砂糖大根から採れる成分で、甘味料としても使われますが、保湿効果もあります。

トレハロースはトウモロコシやジャガイモなどのデンプンから採れる成分で、こちらも甘味料として使われます。ベタインと同じく手作りコスメ原料としても使われています。もちろん私も使っています。

使ってみた感想、色や香りなど

ハンガリーウォーターを手に出したところ

ハンガリーウォーターは、植物エキスを入れてあるので薄い茶色をしています。

しっとりタイプで保湿成分も多く入れてあるので、化粧水と思えないくらいしっとりするなと感じました。私は乾燥肌なので、2度か3度は重ね塗りしています。

香りは弱めですが、砂糖を多めに入れた紅茶っぽい香りがします。

保湿成分の量が多めとはいえ、ベトつきなどは感じないですね。化粧水の後は植物性バター(ヘンプシードバター)を塗っていますが、それだけで問題なく乾燥せず使えています。

フルフリ式化粧水トライアル(※初回限定)

ハーブと抽出剤のセットもあります

ドライハーブと抽出剤、コーヒーフィルター、瓶容器がセットになった、ハンガリアンウォーター手作りキットもあります。

⇒ハンガリアンウォーター手作りキット

楽天市場のカフェドサボンというお店で売っていて、私もよく化粧品原料や容器などを買っているお店です。

ドライハーブって、5gなどの少量で売られていることってあまりないので、こういったキットを使って手軽にハーブエキス抽出をするのもいいですね。

なお、このキットには精製水は付かないので、精製水だけ自分で用意する必要があります。

精製水は、薬局に500ml 100円ほどで売っています。