石鹸と界面活性剤の違いって?せっけんが肌や自然に優しい理由とは

『界面活性剤(かいめんかっせいざい)』というワードには、なんだか体に悪いようなイメージがあるかもしれません。

でも、完全無添加の石鹸も、界面活性剤の一種なんです。だから、界面活性剤不使用の石鹸なんてどこにもありません。石鹸=界面活性剤ですから。

ただ、無添加の石鹸は、肌にも自然にも優しいです。

皆さんが体に悪いイメージを持っているのは、”合成”界面活性剤という成分だと思われます。

今回の記事では、界面活性剤と合成界面活性剤の違い、石鹸が肌や自然に優しい理由についてまとめていきたいと思います。

時短

界面活性ってどういう意味?体に悪いの?

『界面活性』というのはどういう意味かと言うと、本来混ざらない水と油を混ぜ合わせることができるという意味です。

油と水って、普通は混ざらないですよね。この場合、油と水の間には「界面(かいめん)」が存在しています。界面というのは、本来混ざらないもの同士の間にある境界線のことです。

界面活性剤は、「水になじみやすい」特徴と「油になじみやすい」特徴の2つをあわせ持っているのが特徴です。

例えば石鹸で体を洗う場合。

人間の肌には皮脂という脂のバリアが存在しています。これのお陰で肌内部の水分が出て行かずに潤いが保たれているのです。

界面活性剤を使うと、この油分を含んだ汚れを水の中に取り込むことが出来ます。汚れの溶け込んだ水を洗い流すことで、肌を洗浄することができるんです。

無添加の石鹸だと洗浄力も弱めで肌に優しいのですが、それでも肌表面の皮脂バリアの一部は壊れるというか、水に溶けて洗い流されてしまいます。ですので、肌に負担かそうでないかでいうと、少しは負担になっているといえます。

そこで、洗顔後はスキンケアをして肌に水分を入れて、クリームなどの油分で膜をはり、肌が乾燥しないようにします。

ただ、この界面活性の働きがなければ、汚れを落とすことが出来ません。

肌の汚れを落としたいのであれば、どうしても界面活性剤を使うことになります。

無添加の石鹸が肌や自然に優しい理由

完全無添加の石鹸であれば、肌にも自然にも優しいです。なぜなら、肌に触れたり水で薄まることで、すぐに界面活性の働きが消えるからです。

石鹸は弱アルカリ性なんですが、人間の肌は弱酸性です。

肌の酸性と石鹸のアルカリ性が合わさって中和されるので、すぐに界面活性を失います。つまりは洗浄力を失うということなので、合成界面活性剤とは違って肌を痛めないのです。

それだけではありません。

石鹸は水と混ざると、水中に含まれるカルシウムなどと結合し、石鹸カスになります。こうなると界面活性剤の効果はなくなってしまいますので、やはり肌には優しいのです。

その分、洗浄力は弱いと言えます。でもミネラルメイクや皮脂汚れを落とすには十分ですから、私は全身を無添加石鹸で洗っています。

石鹸を含む水が排水されて川や海に流れ出たとしても、半日ほどで約90%が『水と二酸化炭素』に分解されます。

残りは石鹸カスになるのですが、これは微生物や魚のエサになります。

石鹸カスは水に含まれるミネラルと結合して発生するので、ミネラル分が多い水を使うと、石鹸カスが出やすくなります。日本は軟水が多いので、あまり出にくいですね。

品名を見れば合成界面活性剤を使っているかどうかが分かる

シャボン玉スノールベビー品名

合成洗剤というのが、合成界面活性剤を使って作られている洗剤になります。

商品の品名のところを見ると『台所用合成洗剤』、『洗濯用合成洗剤』と書かれていますので、すぐに分かります。

これに対して石鹸しか使っていない場合は、『台所用石けん』、『洗濯用石鹸』などと書かれています。


合成界面活性剤は、石油などを原料に作られています。

合成界面活性剤には2000以上の種類があり、人の健康・生態系に有害な恐れのある化学物質に指定されているものもありますので、あまり積極的に使いたい成分ではありません。

「無添加です」と書いて売られている合成洗剤もありますが、本当の意味の完全無添加ではありません。例えば漂白剤を使っていないだけでも「漂白剤無添加です!」と書くことができます。

天然油脂を一部使っているだけでも「天然由来です」といって売ることもできます。

成分表示や品名を見ればすぐに分かりますので、しっかり確認してから買いたいですね。

合成洗剤を使った洗顔料が多く売られている理由

肌の汚れを洗い落とすものは、『石鹸(界面活性剤)』もしくは『合成洗剤(合成界面活性剤)』のどちらかです。

市販されている洗顔フォームなどは石鹸ではありませんので、合成洗剤を使った洗顔料です。

合成洗剤は無添加の石鹸とは違って、洗浄力が強く、肌の酸性に触れても洗浄力を失いにくいです。

肌の油分を奪いすぎるので、乾燥したり肌がピリピリしたりします。そのため、保湿剤を入れて販売されていることが多いです。

ただ、それだと肌の油分をたくさん奪ってから保湿しているだけなので、肌や髪の油分を引きはがされていることには変わりありません。

今は技術も進んでますので、洗浄力が強すぎず、毒性や刺激性も弱めの合成界面活性剤もあります。

でも値段がとても高いんです。ですので、なかなか洗顔料や洗剤などには使われません。販売価格が5倍・10倍になってしまうからです。

どっちを選べばいいか?は自分の肌に聞く

合成界面活性剤の全てに毒性があるわけではありません。

そして、合成洗剤で作った洗顔料やシャンプー、ボディソープを使っても問題がない方も多くいらっしゃいます。

ですので、使っていて問題がないなら、合成界面活性剤を使った製品を使い続けてもいいと思います。ちゃんと保湿剤も入れてますし、刺激が出ないような作りにして販売されていますから、問題ありません。

ただ、もし肌の調子がよくなかったり、肌に優しい洗浄力のもので洗いたい、乾燥肌や敏感肌を改善したいという場合は、無添加の石鹸を使ってみるといいと思います。

石鹸だけで落とせるファンデーションやコスメも今は多く販売されています。

私もファンデからアイブロウ・アイシャドウ・口紅まで全部ミネラルのものを使ってますので、無添加の石鹸だけでメイク落としできています。クレンジング剤を使っていた頃に比べると、肌の調子はだいぶ改善してきました。

国産で無添加の化粧品なども最近では増えてきましたし、これからも増えていくと思われます。

洗顔石鹸や石鹸シャンプー・ボディソープなどでしたら無添加の固形石鹸で全てまかなえますし、お値段もそこそこ安いですから、試しやすいのではないかなと思います。