石鹸で落とせるコンシーラーの使い方とメイク前後の写真

ヴァントルテスティックコンシーラー

★記事内容★石鹸で落ちるコンシーラーを使ってメイクしたビフォーアフター写真&「本当に石鹸だけで落ちるか実験」をまとめています。

ヴァントルテのミネラルコンシーラーを買いました。スティックタイプです。

ミネラルなのでもちろん石けんだけで落とせますよ~!売り切れてた時に予約してたんですが、やっと手元に届きました(*´▽`*)

全成分についてはまた別記事にまとめます。長くなっちゃったので(汗)

すっぴんの肌を載せておりましてちょっとお恥ずかしいのですが、実際にメイクしたらどんなもんかな?と分かりやすくするために載せております。ソバカスまみれですがご容赦くださいm(__)m

時短

スティックタイプのミネラルコンシーラーの使い方

シミやソバカス、クマなどが気になるところに塗ります。あんまり厚塗りせず、薄く重ね塗りした方がいいらしいです。パッケージの箱に書いていました。


指で軽くたたくようにして、肌になじませます。そんなに刷り込まない方が、カバー力が出ます。

かといって厚塗りの上にファンデーションを乗せると濃くなるので、ほんのちょっとだけ叩き込みます。数回メイクしたら慣れると思いますよ。

スッピン⇒ヴァントルテのミネラルコンシーラー⇒ヴァントルテのミネラルファンデーションを塗ると、こんな感じに仕上がりました。

写真より目で見た方が違いが分かります。いつもなら丸見えだったあのシミ・ソバカスが…存在感を消してます!!

頬全体にあるので気にしてて、特に屋外ではソバカスまみれだったあの頬が…けっこう綺麗に見えるじゃないですか♪ これは、毎日使わねば!

ファンデのみメイクとカバー力の違いを比較

こちらすっぴんの頬です。肌が弱くて市販の日焼け止めが使えず、かなりシミが多いです。

いつものようにミネラルファンデーションだけでメイクするとこうなります↓


それでは、「すっぴん」「ミネラルファンデのみ」「ミネラルコンシーラー&ミネラルファンデ」の写真を全部比較してみます↓

だいぶ違うのが分かるかと思います。

もともと赤みも強いんですが、コンシーラーのお陰で落ち着きますね。

シミやソバカスもかなり薄くなってます。写真より鏡で見た方が違いが歴然としてるんだけど…お見せ出来ないのが残念なくらい。かなりカバーできましたよ。

もちろん完全にはいかないですけど、石鹸だけで落とせて肌に負担がかからないし、それでここまで隠せたら十分です!

本当に石鹸だけで落ちるのか実験してみた

ヴァントルテのコンシーラーを肌に塗った

腕にサッと塗ったコンシーラー。本当に泡だけで落とせるんだろうな?!

ということで、実験開始です。

無添加石鹸の泡を乗せました。

ごく軽く、撫でるようにして洗ってみました。

すぐに泡に色が付きました、落ちてきているようです。

それではサッと水で洗い流してみましょう。

落ちてるー!めっちゃキレイに落ちてます。

…ということで、ガチで石鹸だけで落とすことができるということが分かりました。

ヨレないように塗るコツ

コンシーラーを塗ってそのままパウダーのファンデーションを塗ると、ヨレやすいです。

指でトントン馴染ませてから、ファンデを薄~く一度塗ります。その後にいつも通り塗るといい感じにキレイに塗ることができますよ!

コンシーラーはあまり肌になじませすぎると、カバー力が減ってしまいます。

「一度塗って良くなじませる⇒二度目の塗りでまたなじませる」という感じで、何度か繰り返して薄く塗り重ねると、カバー力が出てきます。

ヴァントルテのミネラルコンシーラーはSPF25 PA++なので、日焼け止め効果もあり、これ以上シミを濃くしたくない!という方にもピッタリ。私もこれ以上はシミを濃くしたくないので、コンシーラー自体にもSPFが付いてるっていうのは有難いです。

コンシーラーの全成分については、⇒こちらの記事で紹介しています。