顔と首の痒み&赤み対策にカモミールウォーター化粧水を作ってみた

気温もぐっと下がるようになり、秋の花粉症の季節がやってきましたね。

秋といえば、私の肌の調子が1年の中で一番悪くなる季節なのですよ。なので上の写真にもありますが、肌のあちこちに赤みが出ております。

赤いところは炎症が起きているそうで、皮膚科でまぶたにも塗れるステロイド軟膏を貰ってきました。

前に貰ったのが『D・E・X0.1%眼軟膏』というやつなんですが、今回は『ネオメドロールEE軟膏』というのが処方されました。どちらも目に入っても大丈夫なやつです。

顔の写真は恥ずかしいので載せられないのですが、首と同じように赤い斑点っぽいのがでてます。

出ている場所は「おでこと頭皮の境目」「まぶた(上下とも)」「唇と肌の境目」「首」ですね。あとはアゴ~頬にかけて吹き出物がプツプツと出ています。ちょくちょく白く膿んでます。

時短

今年の秋の花粉症は痒みが半端なく強い!

現在2017年ですが、ヤバいっす。今年の秋はやばいっす。アレルギー反応半端ないっす。

まず、鼻詰まりと鼻水。両方の鼻が詰まって寝れない!点鼻薬を買って対処してますが、夜中の3時4時ごろには効き目が切れて起きるっていう。寝不足が続いております。

で、目の痒みです。あんまりひどいので現在は結膜炎の目薬を使っています。眼科で処方して貰えますよ。でもコンタクトを入れてると使えないので注意です。

あとはくしゃみが止まらない。1時間ほど咳き込むことあり。

でもまずは痒みですね。腕や足、首にはかさぶたがたくさん出来てます、掻きすぎて…。

耳の中も鼻の奥も痒すぎます。あと今年は頭皮がめっちゃかゆい!!特に顔と頭皮の境目あたりがめっちゃかゆいです。我慢できないくらい…

ジャーマンカモミールウォーターを買ってみた

痒み対策として今回買ったのが、こちらの『ジャーマンカモミールウォーター』です。

ハーブであるジャーマンカモミールの蒸留水(じょうりゅうすい)ですね。「フローラルウォーター」とか「ハーブウォーター」とか「ハイドロゾル」「芳香(ほうこう)蒸留水」とも言います。

日本ではだいたい『ハーブ名+ウォーター』で売ってることが多いですね。

この蒸留水は精油を作る時に出る副産物なんですが、精油と違ってそのまま薄めずに化粧水として使えるものなんです。(※種類によってはそのまま使うと肌に刺激を感じるものもあります)

私は敏感肌ということもあって精油を顔につけるのには抵抗がありまして、手作り化粧水にも精油は一切入れていません。石鹸にだけ入れてます。

そんな私でも、蒸留水なら問題なく使えそうだなぁと思ったので今回買ってみました。

かゆみや炎症対策を期待したけど使った結果は?

なぜジャーマンカモミールを選んだかというと、アトピー性皮膚炎の方がよく使うって話を聞いたからです。

なんでもかゆみや湿疹にいいんだとか。あとローマンカモミールよりジャーマンの方が保湿作用が強いようだったので、ジャーマンカモミールを選びました。超乾燥肌なので…。

今使っている手作りの無添加化粧水50mlに対して、ジャーマンカモミールウォーターをまずは30ml入れて使ってみました。

・精製水50ml
・グリセリン 1/2スプーンの半分(1.25ml)
・ベタインとトレハロースをそれぞれ1:1の割合で、合計1/2スプーンの半分
・ジャーマンカモミールウォーター30ml

まずは上記の配分で作ってみたんですが、すごいです!5回ほど重ね付けしたんですが、いつもより痒みが少ないです!!

原液のままでもつけてみましたが、原液の方がかゆみが治まるなぁと感じます。でもこれ200mlで1500円以上したんで、そんなにバシャバシャ使いたくなかったので、今回はとりあえずこの配合で作ってみました。

肌への刺激感は全くないし、お風呂上がりには特に顔が真っ赤になっていたんですが、その赤いのも大分マシになってきています。なによりカーッと灼熱感があったあの痒みがマシになってきてるので、買ってみて良かった~と喜んでいるところです。

フローラルウォーターの保存方法や期間など

基本的に蒸留水は冷蔵庫での保管になります。

防腐剤などが入っていないものを買った場合は、開封から3ヶ月以内に使いきります。

私もそうですが、多分肌が弱くて買う方が多いでしょうから、購入の際には無添加かどうかしっかりと確認してください。たまに防腐剤を入れて販売してるものもありますので。

もちろん今回買ったフロリハナのこのフローラルウォーターは完全無添加です。

だからこそ保存期間が開封後3カ月と短くなっています。

当然ですが遮光の容器に入ってます。

遮光ですが瓶ではないので、手で押すとペコペコ凹みます。なので、移し替える時にジャーッと他の容器へ入れられるのが便利でよかったです。

写真を見ても分かりますが、中栓もちゃんとついてますので、ダバダバこぼれることもないです。

他にもスプレータイプの容器に入れて売っているものも見かけました(他メーカーです)。私は自分で作った化粧水へ混ぜたいので、こういう中栓タイプが使い勝手いいです。

ジャーマンカモミールの蒸留水の香りは?そのまま使える?

ジャーマンカモミールウォーターの色は、薄い茶色です。けっこう薄いので、手の平に出しても分かんないですね。

気になる香りですが、よくリンゴとか言いますが私にはそう感じられないです。なんていうか、酸っぱい牧草みたいな感じです(;・∀・)

家族は味噌っぽい香りって言ってましたが、ともかく、そのまま使うには香りが強い。

ていうかはっきり言ったらクサイです(すみません…)

ちなみにダマスクローズウォーターを入れた化粧水にも混ぜてみたんですが、ローズのあのいい香りが消え去りました(笑) 香りを楽しみたい方には向かないですね。

なので、私的には自分で作った化粧水と1:1で混ぜるのが限界かなと。原液で使うには香りがきついですね。ただ体に使うのであれば原液のままスプレーしてもそこまで香りは気にならないかと思います。

子供さんの体のアトピーに吹きかける場合などは、スプレーボトルで買ってそのままシュシュッと吹きかけてもよさそう。

あ、もちろんジャーマンカモミールウォーターはそのままで使えますよ!そのまま化粧水として使ってOKなんです。

実際に私も使ってみたけど、刺激は全くなくて、痒い所を掻きすぎて痛かったんですが、沁みなかったですし使い勝手よかったです。

キク科アレルギーの方は使わないように

注意してほしいことなのですが、カモミールはキク科の植物です。キク科アレルギーの体質の方は使わないで下さいね。

キク科にアレルギー反応が出るかどうか分からないという方は、パッチテストをしたら分かりますので。二の腕や首にそのまま塗ってみて、翌日になって肌に異常が出ていないかどうかチェックしてくださいね。

なお、私がしばらく使っている結果ですが…バリバリ掻いてしまっていた頭皮も、カモミールウォーターのお陰でたまに痒くなるくらいになってきました。

自分で頭皮用の無添加化粧水も作ってるので、そこに混ぜ込んで使っています。

割合は化粧水70mlに対してカモミールウォーター30mlだと少なくて効果を実感できなかったので、1:1の割合で混ぜて使っています。あんまり痒い時は乾燥防止として、カレンデュラオイルを保湿に塗っています。

ちなみに、肌があんまり痒い時は化粧水で割らずにそのままで塗っています。その方が痒いのがマシになりますね。ハーブの成分がちゃんと溶けだしてるんだなぁと感じます。

そのままだと保湿が足りないわって方は、グリセリンなどの保湿剤を入れてみて下さい。もしくはその後にオイルなどで保湿するのでもいいです。

まだ顔も首も痒かったり赤いところが残ってますが、だいぶ痒くなくなってきたので嬉しいです(*´▽`*)