ヴァントルテのUVパウダー・UVファンデ両方使った感想&比較

ヴァントルテのUVパウダーとUVファンデの色の比較

ヴァントルテの「UVパウダー」と「UVファンデーション」の両方を購入して使いきりましたので、実際に使った感想、色の比較、成分、使い方などについてまとめたいと思います。

どちらも石鹸で落とせて、SPF50+PA++++です。石鹸で落とせてこの数値というのは驚異的ですね。

なお、写真で分かるかと思うんですが、UVパウダーは色がつかないです。肌のくすみをカバーしてくれますが、このままでは色は付かないので、ファンデーションとしては使えません。

あくまでUVカット機能のあるルースパウダー(仕上げ用の粉)です。

UVファンデーションは色が付きます。普通のミネラルファンデーションのSPF値が超高いバージョンです。

ただし、1色しかありません。色はナチュラルベージュ。ミネラルシルクファンデーションでいうと、ライトベージュとナチュラルの間です。

時短

UVファンデーションは普通肌さん向けの色

ヴァントルテのUVファンデを肌に塗った

こちらはUVファンデ(色つき)の方です。

真夏の日焼けした手の甲に乗せていますが、それでちょうどいいくらいの色です。普通肌さん向けですね。

普段のファンデーションではオークルやベージュなどの一般的な肌色を使っている方に合う色です。

ヴァントルテのUVファンデの色

私は色白な方なので、この色はかなり濃かったです…顔だけ日焼けした後の色になってしまいました。

公式サイトには、こう書かれていました↓

ミネラルUVファンデーションは、ミネラル成分のみで紫外線カット率を高めているため、カラーを増やす事が難しく、ナチュラルベージュの1色となっております

普段から普通肌向けの色をお使いの方には、ちょうどいいかと思います。下地要らず、これ1つで真夏用のメイクが出来上がります。

⇒ヴァントルテ ミネラルUVファンデーション(公式サイト)

UVパウダーは全ての肌色に合う!でもファンデは別途必要

ヴァントルテのUVパウダーを肌に塗った

UVパウダーは色がほぼつかないので、どんな肌色の方でも合います。間違いないです。

ただ、これだけじゃ紫外線対策はできても、見た目はスッピンに近いです。若干のツヤ感は出ますが、メイクをしているようには見えません。出掛けないならこれ1つでよさそうですね。

ただ、出掛ける時はファンデーション必須です。

普段使いのミネラルファンデの後に、こちらのUVパウダーを薄く乗せます。そうすれば、真夏でも日焼けしないミネラルメイクの完成です!

ヴァントルテのUVパウダーの色

↑見た感じはごく薄い肌色ですが、肌に乗せると色が分からないくらいになります。

私は、真夏でも外出しない日はSPF30くらいのミネラルファンデを使い、出掛ける時だけその上にUVパウダーを塗っています。

こういう方法で使う場合は、日焼けしないように紫外線カット機能のあるカーテンを使って下さい。窓を突き抜けて紫外線は届きますので、真夏は部屋の中にいても日焼けします。

色をつけたいなら別途ファンデーションが必要ではありますが、普段使いのファンデの上に塗るだけで真夏用メイクになりますし、塗り直しを何度やっても厚塗りにならないです。

UVファンデの色が肌に合わないという方にもオススメです。

⇒ヴァントルテ ミネラルUVパウダー(公式サイト)

全成分を調べる

ヴァントルテのUVファンデの全成分

UVファンデの全成分は、以下の通りです。

マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、シリカ、水酸化Al、シルク、酸化鉄

マイカ・酸化鉄が色を付けるための成分です。水酸化AIは酸化チタンのコーティング用。

酸化チタンと酸化亜鉛で、紫外線カット効果を出しています。

シルクはシルクパウダーのことで、肌をきれいに見せたり乾燥を防いだり、そして若干ですが紫外線対策にもなる成分です。

シリカはケイ素のことで、毛穴を目立たなくしたり、皮脂や汗を吸い取って崩れにくくしてくれます。

かなりシンプルな成分ですね。たった7種類の成分だけで作られています。

ヴァントルテのUVパウダーの全成分

マイカ、 酸化チタン、シリカ、酸化亜鉛、水酸化Al、ステアリン酸、シルク、酸化鉄

UVファンデの成分に、ステアリン酸だけプラスされた成分となっています。

ステアリン酸は、シアバターなどの主成分と同じ成分です。動物性のオイルにも植物性のオイルにも多く含まれる成分で、抗酸化作用があり、酸化チタンのコーティングなどにも使われています。

色の比較と実際に使ってみた感想

ヴァントルテのUVパウダーとUVファンデの色の比較

実際に使ってみると、どちらもそこそこ汗には強いかなという印象です。

ポツポツ汗をかいただけなら、ティッシュを肌につけないようにして、そ~っと汗だけ吸い取るとメイク落ちしにくかったです。こすったり、汗が流れている場合はさすがに落ちます。

真夏でも、お昼に1度塗り直すだけで日焼けしませんでした。

(SPF値が高くても1度は塗り直しておいた方が無難です。特に鼻やTゾーンなど)

パウダーの方は色がつかないもので、塗ったんだか塗ってないんだか分からなかったのですが、夏が終わって冬が来てみると、日焼けしてなかったことに気付きました。問題なかったようです。

パフで塗ることもあり、そこそこの厚さで塗れているんだと思います。

UVファンデの色がもし濃すぎた場合は、手持ちの普段使いのミネラルファンデーションと混ぜて使うと、そこそこ肌に合う色になります。私も一番明るい色のファンデと混ぜて使いきりました。

石鹸でちゃんと落とせましたが、気になる部分は2度洗いするといいですよ。私は基本、無添加の洗顔石鹸で2度洗いしてメイクオフしています。

⇒色のつかないタイプ「ミネラルUVパウダー」はこちら

⇒色の付くタイプ「ミネラルUVファンデーション」はこちら

⇒リキッドタイプ「ミネラルUVクリーム」はこちら